施設理念

 利用者の意向を尊重し、利用者の個人の尊厳が保たれ、心身共に健やかに自己の障害をのりこえ、共に生きる喜びを見いだせるよう「愛と奉仕」の心で支援する。

施設方針

 利用者の基本的人権が尊重され、相互の交わりを深め、充実した生活ができるように配慮する。
 利用者の日常生活上の支援、創作活動・生産活動の提供、身体機能、生活能力の向上のために支援を行う。
 家族、地域との結びつきを重視し、関係市町村、地域の保健、医療、福祉サービス関係と連携を図り、総合的なサービスの提供に努める。